晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

ヌキウチ
c0176838_084282.jpg

こちらでは「ヌキウチ」と呼ばれるキノコです。

学名は、エゾハリタケ。俗名は、ヌケオチ。
冬になると雪の重みで落ちてくるから「ぬけおち」といわれたようです。

こちらの地方ではもっぱら、3年物の味噌漬け。
採ってから3年の歳月をかけてようやく食すことができます。
いわば、山の珍味ですね。

お湯でゆでて、塩漬けをして、それから味噌に漬け込みます。
このヌキウチがお目見えするのは3年後。
3年後には、真っ白だったこのキノコも
琥珀色になっています。


ほんの少しだけ、3年物の「ヌキウチ」有ります。
ついでに言うと、ほんの少しだけ、皆瀬産の「松茸」有ります。


食べてみたい方は、ひと声かけてみてください。
by m_kurabu | 2012-10-20 00:29 | 食材・山菜・茸 | Comments(0)
<< 旅の手帖 2012年 11月号 秋の栗駒イベントガイド >>

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.