晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
晴耕雨読
c0176838_23173170.jpg
今日は朝から気持ちの良い青空が広がりました。明日から8月ということでいよいよ夏本番を迎えます。明日は小安温泉の夏祭り「湯っこの村の温泉まつり」が開催されます。今日は朝から準備作業があったのですが、夏の日差しですっかり日焼けをしてしまい、顔や腕がヒリヒリしてます。

お祭りの開始は18:00スタート。主なプログラムは下記の通りとなっています。私は屋台村のジュース担当の予定ですので、お越しの際にはお気軽に声をお掛け下さい。※12:00~16:00は当館の大浴場・露天風呂を無料でご利用いただけます。

c0176838_23311997.jpg

by m_kurabu | 2009-07-31 23:38 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_11574926.jpg
昨日ですが、私用で出掛けたときのこと。自転車に乗った子供達や、公園で遊んでいる子供達を多く見かけました。今日は学校がお休みか…、いやいや、よ~く考えてみると、もう夏休みなんですね。自分の子供はまだ保育園に通っていて、お盆以外は特に夏休みというものは無いのでいまいちピンときませんでした。いいなあ、夏休み。

8月はイベント続きでいろいろとお知らせがあるのですが、まずはこちらから。地元で親しくさせていただいている中野修一さん田村寛維さんの二人展「世界ノカケラ 湯沢展」のお知らせです。6月にココラボラトリーで開催された時も見に行ってきたのですが、今回はお二人の地元である湯沢で開催されます。期間は8月1日(土)~7日(金)迄。期間中は「絵どうろうまつり」(8月5日・6日・7日)も開催されますので、ぜひこの機会にお出かけ下さい。

写真や油彩を言葉で説明するというのはとても難しいことで、難しいというよりは「無理」なのではないかと思っています。例えば1枚の写真があるとします。ここはこうで、このような場所で、こういう思いを表現したくて撮りましたと、こと細かに説明するものではないと思っています。聞かれればお答えしますが、言葉ではなくやっぱりその作品が全て。ご覧になる方が何かを感じ取っていただければ幸いです、というのが私個人の考えです。ですので、お二人の作品に関しては言葉で説明することはできないのでご了承下さい。

c0176838_12203262.jpg

世界ノカケラ 湯沢展
田村 寛維(写真)×中野 修一(油彩)
期間:2009年8月1日(土)~7日(金)
場所:秋田県湯沢市表町2丁目5-23
開館時間:8月1日~4日→10:00~19:00 / 8月5日~7日→10:00~21:00


by m_kurabu | 2009-07-30 13:01 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
遠くの空で雷の音が聞こえ始め、間もなく雨が降り出しました。音の大きさからしてまだまだ近くではないから大丈夫と思っていた矢先、突然の停電。昨日の午後の話です。すぐに復旧しましたが、制作途中だったPDFファイルと、本日用のブログ記事(書きかけ)が綺麗サッパリ消えました。ブログの記事はまた書けばいいですが、納期間近のPDFが消えたのはちょっと痛かった。しかし誰のせいにもできないし、保存していなかった自分が悪いだけ。何かに八つ当たりしてみたところで代わりは誰もいないのだから、結局は自分でやるしかないんです。イライラするのも怒るのもエネルギーが必要で、どうせ消費するなら良い方向に使わないともったいない!。なんてことを日頃から思っているんですが、なかなか理想通りにはいかないことが多いですね。

c0176838_2314058.jpg
私がまだ子供だった頃の昭和50年代、東京でも停電は珍しくありませんでした。小学校1~2年の頃、夜にトイレで用を足していたら突然真っ暗になって大泣きした、なんてことをふと思い出しました。祖母が懐中電灯片手に駆けつけてくれたこと、今でも忘れません。
by m_kurabu | 2009-07-28 00:25 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_23105841.jpg
低音のブーンという羽音、良く見てみると体調2センチほどの丸っこい蜂君でした。彼?は花の蜜を吸うのに夢中で、数センチの距離までレンズを近づけてもこちらには全く無関心。蜜を吸い終わると隣の花に移動し、蜜を吸い、また移動の繰り返しです。花と間違えたわけではないと思いますが、三脚に据えたカメラやレンズの上に止まったりもしていました。写真を撮りつつ10分ほど観察してみましたが、蜂君の行動はなかなか興味深いものがありました。

c0176838_22565281.jpg
土曜日は娘がお世話になっている保育園で「夕涼み会」がありました。昨年はタイミング悪く「おたふく」に掛かってしまいお休みしたのですが、今年は少し風邪気味ではありましたが元気一杯に楽しんできました。
by m_kurabu | 2009-07-27 00:02 | 雑記 | Comments(2)
晴耕雨読
夏野菜が美味しい季節になってきました。我が家でも畑で野菜を育てているので、採れたての新鮮な野菜が食卓に並びます。どんな野菜でも、やっぱり採れたての美味しさといったら格別なものがありますね。キュウリなんかはさっと洗って味噌やマヨネーズを付けて食べるのが一番シンプルで美味しいと思います。元々はあまり好んでは野菜を食べなかったのですが、ここ数年は肉よりも野菜の比率が多くなっています。野菜や魚は毎日でもいいけど、肉は週に1~2回で充分と思うようになりました。

c0176838_117771.jpg
写真はお隣の東成瀬村にある「天正の滝」。映画版「釣りキチ三平」のロケ地にもなった場所です。滝の写真を撮りに行くときは曇りや小雨の日を選んで出掛けることが多いのですが、この日は朝からどんよりとした曇り空で、時折ですが雨が降るという絶好の写真日和。駐車場から全長280メートルの散策道(階段)を降りると、滝壺のすぐ側まで行くことが出来ます。滝壺のあたりは水しぶきが霧のように周辺を覆っているので、涼しいを通り越して少し寒いぐらいの感じでした。落差約20メートル、法体の滝と比較するとスケールは小さいですが、負けず劣らずの素晴らしい情景です。

※数日前の豪雨で散策道の一部が崩落していました。復旧のための工事が行われている可能性もありますので、お出かけの際には東成瀬村役場までお問い合わせ下さい。

東成瀬村役場
〒019-0801 秋田県雄勝郡東成瀬村田子内字仙人下30-1
TEL:(0182)47-3401
FAX:(0182)47-3260
http://www.higashinaruse.com/
by m_kurabu | 2009-07-25 12:25 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_1224365.jpg
フォレストファームさんの観光農園でブルーベリー狩りがお楽しみいただけます。場所は国道398号線沿いの貝沼地区、湯沢方面からお越しの場合は右手側になります。上の写真の「観光農園」の旗を目印にして下さい。

c0176838_1242983.jpg
フォレストファームさんはブルーベリーの他にもカシス、ハスカップ、お米、タラノメ等も生産されている地元の農家さんですが、その全てが無農薬栽培という徹底ぶり。このブルーベリーも無農薬栽培なので、摘み取ったものを洗わずにその場で食べでも大丈夫です。

ここ数年、食の安全についていろいろと問題になっています。外国産なのに「国産」と表示したり、県外産なのに「県内産」、無農薬ではないのに「無農薬栽培」…。とにかくお金さえ儲かればOKで、品質よりも儲け優先と思っている業者が多いんですよね。理念とか、こだわり、そういうものが全く無いからそのようなことが出来るんだと思いますが、フォレストファームさんは「偽りのない安全な食品」を生産されている農家さんなのでご安心下さい。

c0176838_1244970.jpg
摘み取ったブルーベリーは日持ちがしないので、当館ではそのまますぐに冷凍するか、ブルーベリージャムにしてお客様にご提供しています。ジャムに加工する場合でも、既製品とは違いペクチンや保存料、酸化防止剤等は一切使用せずにジャムを作っています。


フォレストファーム 観光農園
入園料:500円(40分間、お土産用パック付、約200g)
※3歳以下のお子様は無料です。
※摘み取ったブルーベリーのお持ち帰りは100g 150円となります。
※無選別品の直売価格:100g 150円

開園時間:9:00~12:00、14:00~15:00頃迄
営業期間:7月中旬~8月下旬

フォレストファーム
http://forest.ocnk.net/
by m_kurabu | 2009-07-23 12:56 | 宿からのお知らせ | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_0562023.jpg
写真というものはものすごく自由なフィールドの上で創作するものなので、特に「風景写真」という分野では、その人の感性と一瞬の判断力が問われるのだと思います。その場の空気感まで伝わるようなキレのある1枚になるか、なんとなく撮ったような平々凡々とした1枚になるか。違いはたぶん、そこにあるんじゃないかと思います。

先日の話ですが、風の強い夜のこと、うちの娘が葉擦れの音を「音」ではなく「声」と言っていて、その感性の鋭さに驚きました。4歳の子供の世界観では、樹の葉と葉が擦れる音は「声」なんです。固定観念というものに縛られている大人には決して思い浮かばない発想ですよね。

写真でも生き方でもそうですが、「井の中の蛙」にならないように。なんだか子供に教えられたような気がしました。
by m_kurabu | 2009-07-22 02:14 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_225309.jpg
せっかくの三連休ですが、土・日と雨が続いてあいにくのお天気になってしまいました。秋田市内の方では川が増水して避難勧告が出された地域もあったそうです。雨が降っても小雨程度であれば大憤湯周辺の散策も可能ですが、大雨・洪水警報が出るほどの強い雨ではさすがにちょっと難しいですね。。
by m_kurabu | 2009-07-20 00:02 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_1146734.jpg
今日から三連休です。泊まりがけでお出かけの皆様も多いのではないかと思います。おかげさまで当館は満員御礼となっております。この連休中はお天気があまり良くないようですが、こんな時はゆっくりと本でも読みながらお部屋でゆっくりとお過ごしになるのもよいかもしれません。たまには「何もしない休日」というのも良いものです。好きなことをして、温泉に入って、眠くなったら昼寝をして。なんだかとっても贅沢な時間の使い方ですね。
by m_kurabu | 2009-07-18 12:09 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_1632186.jpg
「温泉」というと、雪が降る冬の寒~い時期というイメージがあるかもしれません。けれども、夏場の暑い時期に入る温泉もまた格別なものがあります。当館のお湯はサッパリとした泉質なので、湯上がりにはスッキリ・ツルツルの赤ちゃんのような肌に変身します。大憤湯周辺をゆっくりと散策し、汗をかいたら温泉でリフレッシュ。これ、本当におすすめのコースですので、日帰りでも充分にお楽しみいただけると思います。※大浴場・露天風呂にはタオル、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤー等完備しておりますので、手ぶらでお越しいただいても大丈夫です。

c0176838_16442912.jpg
「月刊たる」 8月号別冊、「2010 とっておきの癒し宿 東北・北海道編 」に当館が掲載されています。近日中に全国の書店等に並ぶと思いますが、一足先に編集部から見本が送られてきました。

c0176838_1648239.jpg
左下の外観写真は私が勝手に師匠だと思っている写真家の小松ひとみさんに撮って頂いたものですが、それ以外の6点は全て私が撮影したものを使用していただきました。こうして一冊の本として完成してくると、嬉しいという反面、こう撮っておけば良かった…、という気持ちも湧いてきます。

今年に入ってからですが、撮影の依頼をいただいて撮った写真が雑誌やパンフレット等の出版物に使って頂けるケースが多く、大変嬉しく思っています。けれども毎回のことですが、撮影後に反省しなければならない部分も多く見えてきて、「仕事として写真を撮ることの難しさ」をこの半年間で数多く経験させていただきました。撮影の依頼をいただく機会が増えたことはとても嬉しいのですが、自分が撮る写真がどのように評価されているのか、本当にこれで良かったのか、という自問自答の繰り返しでもありました。

結局のところ、趣味の範囲で写真を撮るのであれば「楽しいから撮る!」その一点に尽きるのではないかと思います。けれども、撮影が仕事となると楽しいだけでは済まないという現実もある。届いた誌面を見ながら、改めてそんなことを思った一日でした。
by m_kurabu | 2009-07-16 00:49 | 雑記 | Comments(0)

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.