晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

古代米
c0176838_22283298.jpg
古代米の稲の様子を見に田んぼへ行ってきました。昨年は台風の影響で稲が倒れてしまった箇所があったのですが、今年はそのようなこともなく順調に育っています。頭もだいぶ重くなってきました。現在は10月初旬の稲刈りに向けて田の水を抜いている状態なので、田んぼに水は全く入っていません。

c0176838_22452710.jpg
写真でもお分かり頂けると思いますが、古代米の籾は茶褐色なので、田を遠くから眺めても普通のお米ではないことがわかります。そのためか、田の脇に車を止め、稲を観察されている観光客の方を見かけることもあります。

c0176838_2313484.jpg
収穫された古代米は「古代米のゆかりご飯」としてお客様にご提供いたしておりますが、2004年より地元・湯沢市の酒造メーカーである秋田県醗酵工業さんに御協力をいただき、当館オリジナルの濁り酒「やよいのしずく」を販売しております。

写真左から1.8L:2,940円、720ml:1,680円、300ml:840円。価格は全て消費税込となります。お電話でのご注文も承りますので、当館までお気軽にお問い合わせ下さい。
# by m_kurabu | 2008-09-18 01:04 | 雑記 | Comments(0)
大倉ぶどう
敬老の日の月曜日、湯沢市駒形町大倉の果樹園さんからご招待をいただき、妻と3歳の娘を連れてぶどう狩りをしてきました。大倉地区は昼夜の温度差が大きく、水捌けの良い土地であるため、古くから葡萄や林檎の栽培が盛んな地域。至る所に直売所もあり、新鮮な果実がお手頃な価格で販売されています。

c0176838_23164960.jpg
葡萄には様々な品種がありますが、こちらはキャンベルという品種。大粒でやや酸味が強く、コクのある甘みが特徴です。勿論そのまま食べても美味しいですが、当館では砂糖を加えて煮詰め、自家製の葡萄ジュースを作っています。

c0176838_23242279.jpg
こちらは白ぶどうの品種で「多摩ゆたか」。比較的新しい品種で、東京の多摩生まれ。酸味が少なく上品な甘さが特徴で、水分が多くさっぱりとしているので非常に食べやすい葡萄です。

c0176838_23452869.jpg
ぶどうを採ろうとしたら、こんなところにカエル君が。居心地が良さそうだったので、そっとしておいてあげました。
# by m_kurabu | 2008-09-17 01:05 | 雑記 | Comments(0)
美酒の設計 純米吟醸 無濾過原酒
c0176838_20164225.jpg
完売となっておりました美酒の設計 純米吟醸酒が再入荷いたしました。秋田県内の酒販店の有志が、それぞれのこだわりと理想を実現するために集まり結成されたのが「秋田美酒倶楽部」。その秋田美酒倶楽部と「雪の茅舎」でお馴染みの齋彌酒造(秋田県由利本荘市)が協力して作り上げたのが「美酒の設計」です。会員店のみの限定発売品ということで、当館では地元の会員店である重右衛門さんより仕入れを行っています。

c0176838_2047925.jpg
原料米は山田錦並の醸造特性を持つ酒造好適米品種を目標に育成された秋田県産美郷錦と秋田酒こまち。精米歩合は大吟醸並みの45%。寒冷地独自の低温長期でじっくりと発酵させており、雪肌のようにさらりとして、純度の高い芳醇な味が特徴です。

美酒の設計 純米吟醸 無濾過原酒
原料米:美郷錦、秋田酒こまち
精米歩合:45%
アルコール度:16~17度
杜氏名:高橋 藤一
醸造元:株式会社 齋彌酒造店
# by m_kurabu | 2008-09-16 00:17 | 秋田の地酒 | Comments(0)
福乃友 ひやおろし
c0176838_233218.jpg
本日は福乃友酒造(秋田県大仙市)のひやおろしが入荷いたしました。福乃友の杜氏である古関様よりコメントを頂きましたのでご紹介いたします。

「このお酒は秋田の酒米第一号である改良信交60%精米の純米酒と(地元農家の方と復刻栽培したお米です)、美山錦60%精米の純米酒を春にブレンドし、土蔵にて熟成させたものです。改良信交の素朴な甘さと、美山錦の張りのある透明感が合わさって、なかなかの出来かと思います。酵母は協会7号。昔ながらの安心できる深い味わいを目指しました。

気取らない日々のお食事と共に、ゆったりと一日の終わりをお楽しみ頂けたら幸いです。- 福乃友 杜氏 古関弘 - 」

福乃友 ひやおろし 純米酒
原料米:改良信交、美山錦
酵母:協会7号
日本酒度:+3
酸度:1.8
アミノ酸:1.0
精米歩合:60%
アルコール度:16度
杜氏名:古関 弘

福乃友 ひやおろし 純米酒 1合:650円

10月の紅葉シーズン中は地元で採れた深山の幸とともに、秋田県産の酒米で醸したひやおろしの酒を楽しんで頂ければ幸いです。
# by m_kurabu | 2008-09-14 00:46 | 秋田の地酒 | Comments(0)

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.