晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

タグ:紅葉 ( 32 ) タグの人気記事
晴耕雨読 小安峡
c0176838_18144340.jpg
本日の小安峡
穏やかなお天気に恵まれました。
c0176838_18155763.jpg
我が家の大浴場から見える銀杏も見ごろを迎えました。

by m_kurabu | 2017-11-02 18:17 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読 小安峡
c0176838_18513336.jpg
本日の小安峡
小安温泉から見える山々はじょじょに木々の葉をふるい落とし、来るべき季節に備えておりますが、
小安峡の渓谷の木々は高低差があるのでようやく下の方まで色づいてきたように思います。
c0176838_18015916.jpg
c0176838_18300793.jpg

 虹色渓谷みたいな。

さて、栗駒山周辺では雪が降り、須川温泉から小安温泉までの県道二郷大湯線が閉鎖されました。
これからの季節は、雪の状況により国道342号線、国道398号線も夜間通行止めになったり冬季閉鎖される可能性がございます。
詳しくは、宿に問い合わせ頂くか、以下のサイトをご参照の上お越しいただきますようお願いいたします。
あきたのみち情報 http://road.pref.akita.lg.jp/modules/tinyd0/



by m_kurabu | 2017-11-01 19:03 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読 小安峡

c0176838_12343507.jpg
本日の小安峡
台風が過ぎ去り、皆瀬川の水もだいぶ澄んできました。
渓谷の紅葉も赤・黄・緑と色とりどりでとても美しい景観となりました。
c0176838_12392944.jpg
c0176838_12400822.jpg
渓谷下へも本日は下りていけるようです。
ぜひ渓谷下へ降りて行って、大自然の息吹を感じてみてくださいね。

by m_kurabu | 2017-10-25 12:42 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読 小安峡
c0176838_13174266.jpg
本日の小安峡
色づいて参りました。河原湯橋から立望むと周りから感嘆の声が。

今週末は、大噴湯入り口 あぐり館前では、石巻 海の市が開催されています。
どうぞ、紅葉狩りに小安峡温泉へお越し下さいませ。


なお、道路の混雑が予想されますので、時間に余裕を持っておいで下さいませ。


by m_kurabu | 2017-10-21 13:25 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読 小安峡
c0176838_19311699.jpg















須川湖から下の辺りが紅葉の見頃になってきました。

光が当たるとブナ林も黄金色に色づいて見えます。

さて、今週末~来週末にかけて小安峡大噴湯アグリ館前の駐車場では、紅葉祭りが開催されます。




『あぐり館紅葉まつり』
《開催日》10/15(日)

《場 所》

小安峡大噴湯駐車場 皆瀬観光物産館隣りあぐり館みなせ

《時 間》

《イベント内容》

いものこ汁の販売、甘酒のふるまい、もちつきなど。
 
お問い合わせ
 あぐり館みなせ
 TEL 0183-47-5450



『第25回川連塗りフェア』

《開催日》
10月13日~10月16日
《場 所》
秋田県湯沢市川連町字上平城120
湯沢市稲川体育館
湯沢市稲川体育館の場所は下記URLからアクセスしご確認下さい。

https://goo.gl/maps/kb57H2HS8g32
《時 間》

9:00~17:00

《イベント内容》
「川連塗りフェア」は産地メーカー、販売店各社による大販売会

川連塗りで味わう稲庭うどん茶屋
いなかわの特産品が当たるお買物スタンプラリー
共催展「あなたが選ぶ川連漆器2017」ほか

お問合せ
秋田県漆器工業協同組合
TEL 0183-42-2410
秋田県漆器工業協同組合ホームページ


by m_kurabu | 2017-10-13 19:48 | 見る・遊ぶ・イベント | Comments(0)
晴耕雨読 栗駒山
c0176838_21501433.jpg
この週末も栗駒山へと登山するお客様がいらっしゃり、山の様子が気になって、本日、須川温泉から昭和湖~天狗平~展望岩頭~天馬尾根~秣岳と栗駒山へ登山をしてきました。
こちらは、しろがね草原を登り切ったところにある岩山からの紅葉と南奥羽山脈の山々。
c0176838_21505659.jpg
栗駒山の山頂付近は、晩秋を迎えており、今は、昭和湖の上や天馬尾根の辺りが紅葉の見ごろを迎えているようでした。
登山をしている方々に聞くと、例年より少し早いとのことでした。
徐々に紅葉は、下界へ広がっていく様が垣間見れ、終始曇りのお天気でしたが、今年も素晴らしい紅葉を見ることができました。

c0176838_22241971.jpg
そんな中、我が家も少しずつ稲刈りをはじめ、今年も新米の季節になりました。


by m_kurabu | 2017-10-02 22:17 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_16045.jpg
小安峡の紅葉も終盤戦。紅葉のピークを過ぎて11月に入ったあたり、地元の人が「今年の紅葉も終わりだなあ」と言い始めた頃が撮影のタイミングとしてはドンピシャだったりします。確かに全体を見れば終わってしまっている部分もあるんですが、綺麗な所を切り取ればまだまだ十分すぎるほど綺麗です。

c0176838_152427.jpg
EOS 5D MarkII EF24-105mm F4L IS

今の時間(AM 1:15)、外は雪が降っています。夕方にも少し降っていましたが、深夜になって本格的に降り始めました。紅葉が残っているときに雪が降るなんて今年はとってもラッキーです。明日の朝はちょっと早起きをして写真を撮りに出掛ける予定です。
by m_kurabu | 2009-11-03 01:22 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_23414788.jpg
昨日の小安峡です。大憤湯とは反対側の渓谷は今が見頃ですね。もう少し紅葉が進むと赤味が強く出てくるので、そうなるとまたちょっと違った感じの写真が撮れるようになります。小安峡の紅葉は色づいてから落ちるまでの時間が長めなので、まだまだこの先1週間ぐらいは十分に楽しめます。

来年は写真展を開催する予定で、今年は昨年よりもかなり気合いを入れて撮ってます。昨年も気合だけは十分でしたが、カメラを買ったばかりで右も左も分からず、ただ「楽しい!」ってだけでシャッターを切っていたように思います。もちろん今だって、写真を撮ることの楽しさは昨年と変わりません。けれども、この一年で数々の失敗を重ね、本当に多くのことを学びました。そのあたりのことがしっかりと作品に表れていればいいなあ、と思っています。

もちろん、僕自身、写真展なんて生まれて初めての経験で、自分の写真が人様にどのように評価されるのか。非常に興味はありますが、とても怖かったりもしています。けれども、せっかくの機会を頂けそうなので、何事にもチャレンジ、勉強の為と思って頑張ってみようかなと思っています。

c0176838_0163183.jpg
EF24-105mm F4L IS。四隅までびっしりと解像していて、思わず鼻血が出そうになるほどシャープな絵が撮れるレンズ。5D MarkIIの色作りはコッテリ系、Lレンズの色ノリの良さと相俟って、非常に鮮やかな紅葉写真が撮れるように思います。かなり絞り込んでのPL使用だから、日中でも手持ちでは無理なシャッタースピード。もちろん三脚使用ですが、ほんのわずかなブレでも顕著に表れるので、被写体プレにも気を遣い、車が横を通りすぎるときの振動にも気を遣い、丁寧に慎重にシャッターを切らないと写真が台無しになってしまいます。なんだか「丁寧に真面目に撮りなさい」って、カメラに教えられているような気がします。
by m_kurabu | 2009-10-28 00:20 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読 栗駒山の紅葉
c0176838_0362478.jpg
9月30日に栗駒山へ登ってきました。今年は例年よりも1週間~10日間ほど紅葉が早く、頂上付近は既にピークを過ぎていました。標高1,200~1,300M付近は今が見頃。今週末ならギリギリ間に合うかもしれません。

c0176838_0382954.jpg
昭和湖にて。須川温泉の源泉側にある登山口から徒歩60分ほどで昭和湖に到着。途中に何カ所か急な登りがある程度で、登山と言うよりはハイキングの感覚で登れます。ちなみに現在、昭和湖では仮設トイレの建設中。中野さんのブログでもこのトイレについて書かれてありましたが、こんな山の上に2,700万円もかけてトイレが必要なのかと小一時間…。男の人ならそのへんで済ませばいいけど、女性の方だとやっばり必要なのかな、とか思ったり。まあ、これだけ訪れる人が多い観光地で、登山道も整備されている。そう考えると、やっぱりトイレは必需品?。

c0176838_043540.jpg
昭和湖の辺りは抜群に綺麗でした。厚い雲に覆われていてお天気は残念なことになりましたが…。朝の10時頃から登り初めて、須川温泉の駐車場に降りてきたのが午後の2時半。今回は昭和湖のちょい上までしか登らなかったので、歩いた時間は2時間半、撮影に2時間ほどという感じでした。

c0176838_111918.jpg
撮影の装備はこんな感じ。今回は一人だったので万が一の事を考え、厚手のトレーナー、タオル3本、固形燃料、懐中電灯、鉈、チョコレート、ビスケットなんかもリュックに入れていきました。下界ではまだトレーナーなんて不要ですが、山の上はかなり冷え込むので、もしも一夜を明かすなんてことになったら寒くて大変です。あと、鉈は木の枝を切るとき(焚き火用)に必要で、熊と遭遇したときには武器になります(素手よりは刃物で応戦した方が生き残る確率が高くなる!)。これらの物を、お昼御飯用のおにぎり2個と飲み物と一緒にリュックに詰めます。熊除けの鈴と笛も必需品です。

あとはレンズ5本、カメラ2台に三脚、レリーズ、フィルター等の小物を色々。リュックとカメラバッグで背負う荷物は10キロ以上になります。けっこう重いのでなかなか大変。撮影は体力勝負です。三脚はSLIKのプロシリーズ、3ウェイ雲台。以前はもっと軽い物を使用していましたが、今のカメラを使うようになってからはドッシリとして、ある程度は重さのある三脚を使ってます。

※この時期の栗駒山は登山客も多く、登山道も整備されているので遭難の心配はまずありません。靴もトレッキングシューズや履き慣れたスニーカーでも登れます。
by m_kurabu | 2009-10-01 23:57 | 紅葉 | Comments(0)
角館~福乃友酒造(大仙市神宮寺)
昨日は私用で角館へ行ってきました。小安峡温泉の紅葉はほぼ終わりですが、角館は紅葉が見頃になっていました。

c0176838_0583790.jpg
武家屋敷通りにて。2008年11月13日撮影。

c0176838_115699.jpg
モミジ真っ盛り。2008年11月13日撮影。

c0176838_125440.jpg
帰りに少し遠回りをして大仙市神宮寺の福乃友酒造さんへ。詳しくは明日の記事でご紹介いたしますが、コセキさん、サイトウさん、お忙しいところお時間を取って頂きましてありがとうございました。

c0176838_143046.jpg
鳥海山と夕焼け。2008年11月13日撮影。
by m_kurabu | 2008-11-14 01:12 | 雑記 | Comments(0)

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.