晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

タグ:LX3 ( 7 ) タグの人気記事
晴耕雨読
c0176838_11542286.jpg
DMC-LX3 アスペクト比1:1モード

つい先日、パナソニックから2010年・春モデルのコンパクトデジカメ6機種が発表になった。この中にLX3の後継機種は無く、僕はちょっぴりホッとしたのと同時にちょっぴりガッカリもした。ホッとした理由は、最近LX3を買ったばかりだから、今この時期に後継のLX4?が出たりしたら予算的にちょっと厳しいかなと(って買う気かいっ)。一方、ガッカリした理由は、そろそろ後継モデルが出てもおかしくない時期なのに発表が無かったこと。あれ?、おかしいな?、どっちにしても買う気満々じゃないですか!。

後継のLX4が出るとしたら、APS-Cサイズの撮像素子(1000万画素程度)+レンズはLeicaの単焦点(ズームなら3倍以下希望)。価格は8万円前後で。ちょっと贅沢すぎるスペックかな。でも、LX3やリコーのGR DIGITALあたりを使っているユーザーって、きっとこんなカメラを待ち望んでいるんじゃないかと思います。小さい、軽い、それでいてキレのある写真が撮れる楽しいカメラ。どうでしょう、パナソニックさん。
by m_kurabu | 2010-02-03 12:08 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_0493842.jpg
どうやら風邪を引いてしまったようで、3~4日程前から体調がどうもイマイチ。ここのところ夜の写真ばかりなのは、昼間に写真を撮る気力があまり無かったからで、それでも夜になると写真が撮りたくなってきて、カメラ片手に夜な夜な近所を徘徊しておりました。観光客の方にはかな~り怪しい人に見えていたかもしれません。

幸い熱も上がらずインフルエンザでもなさそうで、市販の風邪薬で8割方回復してきました。けれども子供に風邪をうつしてしまって、今度は娘が朝から寝込んでます。夜には熱も下がってきて元気になってきたのでホッとしてますが。父ちゃんなにやってんだ、という感じですね。反省。。
by m_kurabu | 2010-02-01 01:07 | 雑記 | Comments(2)
晴耕雨読
c0176838_2249039.jpg
来週末の2月6日(土)はしがっこまつりが開催されます。予報ではずっと雪が降り続く模様で、最低気温が-7℃の日もあったりして、かなり寒い一週間になりそうです。この調子だと雪はたっぷりと積もりそうなので、雪の降らない都会からお越しの皆様には存分に雪国気分を味わって頂ければ幸いです。

c0176838_2250696.jpg
DMC-LX3 アスペクト比1:1モード

正方形の写真が撮れるスクウェアモードが面白い。6×6cm判の中判フィルムで撮った事のない僕としては、フレーミングする時点で真四角というのがとても新鮮です。4:3や3:2で撮って、後から正方形にトリミングする方法もありますが、最初から1:1を意識しながら撮るのとは随分と感覚が違うものです。

ちなみにこの写真、かな~り暗い所で撮ってるのでISO感度は200に上げてますが、それでも暗すぎて+0.3EVに露出補正、シャッタースピードは1/8秒の手持ち撮影。ほんとに良く写るカメラです。僅かな光にも反応してシャドウ部を丁寧に拾ってくれるので、カラーよりもモノクロが楽しいカメラかもしれません。
by m_kurabu | 2010-01-31 00:09 | 雑記 | Comments(4)
晴耕雨読
c0176838_16225111.jpg
PENTAX K200D TAMRON SP AF90mm MACRO

コンデジにしては大型の1/1.63型CCDを搭載しているLX3ですが、それでもエントリー~中級機クラスの一眼レフで使われているAPS-CサイズのCCDと比べれば、それはもう小さな小さなセンサーしか搭載してません。開放でF2.0という、このクラスではトップレベルの明るさ誇るライカレンズでも、受け止めるセンサーが小さいから背景をぼかして撮ることは難しい。けれども、開放付近でも被写界深度が深い、ということを逆にメリットと考えれば、これほど使いやすくて気軽にテンポよく撮れるカメラはありません。そりゃあ5D MarkIIと比べれば高感度でノイズは目立つし、背景を大きくぼかして撮るなんて事もできないけど、でもね、ポケットからサッと取り出して気軽に写真が撮れて、で、この絵でしょ。これはもう十分すぎるほど良く出来てますよ。

c0176838_1540870.jpg
DMC-LX3 ISO感度:100、-0.7EV、アスペクト比4:3モード

コンデジとしては滑らかな階調、引き締まった黒、シャドウの粘り。雰囲気出てますよね。撮り方さえ工夫してあげれば、一眼レフのエントリークラスにも負けないんじゃないでしょうか。飛ぶように売れる価格帯のカメラでもないし、どちらかといえばマニアックな機種なんだけど、こういうカメラを作るメーカーの心意気に拍手を送りたいです。

とまあ、今更という感じもあるけれど、僕的には大満足・大絶賛のLX3です。※あくまでも主観ですので好き放題書いてます。
by m_kurabu | 2010-01-30 02:45 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_16413153.jpg
リコーのGX200やGR DIGITAL IIIにも搭載されているアスペクト比1:1モードですが、LX3にも1:1モードが搭載されてます(RAWで撮れます)。この機能、LX3の発売当時には搭載されていませんでしたが、ファームウェアのアップデート(Ver.2.0)より新たに追加されました。メニューから呼び出して切り替えるのがちょっと面倒と言えば面倒だけど、こういう楽しめる機能をファームアップで対応してくれるのはとても嬉しいことです。

c0176838_16185836.jpg
ISO感度:100、SS:1/125、絞り:F2.2、-0.3EV、アスペクト比1:1、RAW

明暗の差が激しく、しかも薄暗い環境下での撮影でも、明るいレンズのおかげで増感することなく、手持ちでブレずに普通に撮れちゃいます。さすがは銘玉ズミクロンの名を冠したレンズを搭載しているだけの事はある。あくまでも主観ですが、LX3は一般的なコンデジと比較するとシャドウの粘りが抜群に良いので、ちょいアンダー目で撮って重厚感を出すような撮り方をすると、よりライカらしさが出てくるように感じます。

外観もクラシカルな装いで、デジカメというよりは「写真機」という雰囲気。どうせなら光学ファインダーを付けたいところだけど、お値段2万円也。本革の速写ケースも欲しいなあ、ストラップも革製で…。

頭冷やそう…。
by m_kurabu | 2010-01-28 00:08 | Comments(2)
晴耕雨読 「ちっちゃいけどズミクロン」
c0176838_02165.jpg
重さ約265g、タバコの箱ぐらいの大きさの本体に、ちょこんとレンズが付いている。LX3はいわゆる「コンパクトデジカメ」というやつですが、この大きさでこんな絵が撮れちゃうなんてすごいもんです。豊富なフィルムモードやシーンモードに加え、4種類のアスペクト比が選べてRAWでも撮れる。いろいろと遊べて楽しいなあ。

c0176838_141024.jpg

c0176838_143169.jpg
caffe gitaにて。
by m_kurabu | 2010-01-27 01:38 | 雑記 | Comments(2)
晴耕雨読
c0176838_15504355.jpg
季節は大寒の頃だというのに、今日は雪ではなく雨が降っています。随分と暖かく感じましたが、それでも日中の最高気温は3℃でした。都心で3℃だと「厳しい寒さ」と言うような温度ですが、秋田でこの時期に3℃というのはかなり暖かい部類に入るのではないかと思います。
by m_kurabu | 2010-01-25 17:01 | 雑記 | Comments(0)

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.