晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

晴耕雨読
毎年の事ですが、この時期になると「熊に遭遇」したというニュースと「山菜採りで行方不明」というニュースをよく耳にします。私は山菜採りにはほとんど行かないので、関係ありそうなのは熊に関するニュース。毎日のように県内のどこかで熊出没のニュースが無いかどうか新聞でチェックしています。

昨年の秋ですが、撮影中に10メートルほどの至近距離で熊に遭遇しました。体長1.5メートルはあったと思います。かなり大きなツキノワグマでした。出会い頭だったので、一番危険なパターンです。私に気づいた熊は一瞬、私の方に向かってきましたが、すぐに反転して崖を下っていきました。こんな山奥ですから熊さんやカモシカ君が居て当たり前なんですけどね。でも、さすがにこの時はびっくりしました。

熊は基本的には臆病な生き物なので、むやみに人を襲ったりはしません。むしろ恐がりなので熊の方から人に近づくなんて事はまず無いです。熊に襲われるケースで一番多いのが「出会い頭」の事故。突然、目の前に熊が現れたら人もびっくりしますが、熊の方も同じようにびっくりします。自分を守るために、相手を攻撃します。防衛本能というやつですね。突然、目の前に敵(人)が現れた場合、熊には戦うor逃げる、という二つの選択肢しかありません。

私が助かったのは運が良かっただけ。運が悪ければそのまま襲われて大怪我か今頃はお墓の中でした。昨年はそんなことがあったので、それ以来、山で写真を撮るのがちょっと怖くなりました。山の奥の方に行くときは熊鈴を持ち歩くようにしていますが、最近では人を怖がらずに平気で人里に降りて来る熊や、人が捨てたゴミを食べて味を覚えてしまった熊などもいるので、熊鈴もあまり役に立たないケースもあるようです。

c0176838_23484296.jpg
県道282号線で見つけた看板ですが、なんだか妙にリアルで説得力があると思いませんか。山菜採りは、沢山採れると確かに面白いと思います。でも、沢山採っても食べきれなくて、結局は捨ててしまうケースもあるのではないかと思います。山菜採りで山に入る際には十分にお気をつけ下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-06-09 00:27 | 雑記 | Comments(0)
<< 晴耕雨読 晴耕雨読 >>

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.