人気ブログランキング |
晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

小安峡温泉散策⑦ 薬師堂(温泉大明神)
c0176838_7335922.jpg

 温泉街を見守るように建てられた、薬師堂(温泉大明神)です。


 その昔、寛文元年(1661)に、藩家老梅津主馬が入湯し、全快された際に建立されました。

 お堂のすぐ近くには、小安温泉碑があり、藩校「明徳館」を建立した久保田第九代藩主 佐竹義和 公が小安御巡覧の際に詠まれた二首
「杣人の通ひなれてや谷川の危うき渡る苔の柴橋」
 「とび散りし水の白玉わきかへり 葦より高く落つる滝津瀬」がきざまれています。

 
 また一つ下がって、その昔は稲庭の広沢寺の閑居寺だった、小安観音堂があります。
 小安観音堂についてはこちらをご覧ください。


 今日は、温泉まつりの日。
 ここの高台から見る花火も乙なんですが…お天気がもってくれるといいですね♪
by m_kurabu | 2012-07-15 12:45 | 見る・遊ぶ・イベント | Comments(0)
<< 川連漆器づくりを体験しませんか? 成田 康 湯沢展のお知らせ >>

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.