晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

晴耕雨読
c0176838_16394799.jpg
c0176838_1641546.jpg

 今日はあたたかかったのか、解けるような雪が時折降っていました。
氷もこの通り、今にも溶け落ちるような感じで・・・。
 宿の脇には、女滝沢という川が流れていますが、「雪虫」が沢山雪の上を歩いていました。この雪虫、「セッケイカワゲラ」というそうで、幼虫の間は水の中でくらし、晩秋に成虫になりしかも翅がなく飛べない昆虫で、雪の中をひたすら下流から上流に向かって歩くのだそうです。冬を生きた成虫は、春先卵を産んで死にます。冬に雪の中で生きる虫なんて珍しいなぁとずっと前から不思議に思って見ていました。
また、この虫が出てくると春は近いのかなぁと感じるのでありました。
by m_kurabu | 2013-02-18 17:10 | 雑記 | Comments(0)
<< 晴耕雨読 晴耕雨読 >>

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.