晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

天然の舞茸とアケビ
c0176838_1629554.jpg
ご家庭でもお馴染みの舞茸(マイタケ、サルノコシカケ科)。食用の茸として親しまれ、現在では人工栽培も盛んに行われていますが、天然の舞茸は珍しく、誰にでも簡単に採れるというものではありません。写真の舞茸は近所に住む地元のおじいちゃんが山で採ってきたものを頂いたものです。2008年9月28日撮影。

c0176838_16292368.jpg
こちらはアケビの実。当館近くの山で採れたものを撮影したものです。アケビの実の部分はゼリー状で甘みがあるため、古くから子供の「おやつ」として親しまれてきました。皮の部分は炒め物や天麩羅などで食します。最近では都心のスーパーなどで栽培物のアケビが出回るようになりました。2008年9月28日撮影。
by m_kurabu | 2008-10-01 00:45 | Comments(0)
<< 貸切風呂 深山の秋の幸 ~茸料理~ >>

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.