人気ブログランキング |
晴耕雨読 | 秋田県小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶの公式ブログ

タグ:自然 ( 81 ) タグの人気記事
晴耕雨読 「静寂」
標高1,000メートル付近は木の葉も落ちて既に冬モードに突入といった感じ。朝晩の気温もかなり下がってきて、天気予報ではついに雪のマークが。小安峡の紅葉が残っている間にサッと雪が降ってくれたりすると、ドラマチックな写真が撮れそうだなあ、なんて、今からドキドキワクワクしているところです。予報では11月3日に雪のマークが出ていて、その頃なら須川湖への道路も冬期閉鎖前なので、もし雪が降ったら早朝に出掛けてみようと思っています。けれどもその前に、車のタイヤを交換しておかないと危ないかもしれませんね。

c0176838_1632972.jpg
「静寂」
EOS 5D MarkII EF70-200mm F4L IS

このあたり(標高800メートル付近)の紅葉は既に終わり、落葉もほぼ終盤。すっかり葉が落ちてしまい、枝だけになってしまった樹々達が寒そうに佇んでいます。秋と冬との境界線、赤や黄色の華やいだ季節が過ぎ、秋がほんの少しだけ残っているのが今の時期。色鮮やかで派手な写真は撮れないけれど、紅葉の時にしか綺麗な写真が撮れないなんていうのもつまらないじゃないですか。いつの季節にでも、美しいと思える瞬間はあるんです。それを探して映像に残すのが写真の楽しさでもあり、難しさでもあり。
by m_kurabu | 2009-10-31 00:30 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_23414788.jpg
昨日の小安峡です。大憤湯とは反対側の渓谷は今が見頃ですね。もう少し紅葉が進むと赤味が強く出てくるので、そうなるとまたちょっと違った感じの写真が撮れるようになります。小安峡の紅葉は色づいてから落ちるまでの時間が長めなので、まだまだこの先1週間ぐらいは十分に楽しめます。

来年は写真展を開催する予定で、今年は昨年よりもかなり気合いを入れて撮ってます。昨年も気合だけは十分でしたが、カメラを買ったばかりで右も左も分からず、ただ「楽しい!」ってだけでシャッターを切っていたように思います。もちろん今だって、写真を撮ることの楽しさは昨年と変わりません。けれども、この一年で数々の失敗を重ね、本当に多くのことを学びました。そのあたりのことがしっかりと作品に表れていればいいなあ、と思っています。

もちろん、僕自身、写真展なんて生まれて初めての経験で、自分の写真が人様にどのように評価されるのか。非常に興味はありますが、とても怖かったりもしています。けれども、せっかくの機会を頂けそうなので、何事にもチャレンジ、勉強の為と思って頑張ってみようかなと思っています。

c0176838_0163183.jpg
EF24-105mm F4L IS。四隅までびっしりと解像していて、思わず鼻血が出そうになるほどシャープな絵が撮れるレンズ。5D MarkIIの色作りはコッテリ系、Lレンズの色ノリの良さと相俟って、非常に鮮やかな紅葉写真が撮れるように思います。かなり絞り込んでのPL使用だから、日中でも手持ちでは無理なシャッタースピード。もちろん三脚使用ですが、ほんのわずかなブレでも顕著に表れるので、被写体プレにも気を遣い、車が横を通りすぎるときの振動にも気を遣い、丁寧に慎重にシャッターを切らないと写真が台無しになってしまいます。なんだか「丁寧に真面目に撮りなさい」って、カメラに教えられているような気がします。
by m_kurabu | 2009-10-28 00:20 | 紅葉 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_17232965.jpg
今季2回目になりますが竹の子採りに行ってみました。前回と同じく県境付近ですが、山の奥ではなく手前の方はけっこう形の良いしっかりとしたものが採れるようになってきました。来週あたりはもうちょっと奥の方が良い感じになっているのではないかと思います。

秋田県では竹の子といえば孟宗竹ではなくて「千島笹」が一般的。根本から曲がって生えるので「ネマガリダケ」とも呼ばれています。太いものはそのまま焼いて味噌やお醤油を付けて食べても美味しいですね。細い物は皮を剥いてお味噌汁に入れたりして食べています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-28 17:31 | 食材・山菜・茸 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_13283378.jpg
家の八重桜ですが、一昨日からの雨と風で散り始めました。散る桜を見ているとなんだかちょっぴり寂しい気持ちになったりしますね。別に何があったわけではないのですが。しかしこの時期まで桜を楽しめるというのは皆瀬ならではの魅力です。

c0176838_13402936.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-18 13:41 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_22292266.jpg
春紅葉が終わり、緑が濃くなってきた小安渓谷です。川原湯橋の上から撮ったものですが、小安峡は家からも近く徒歩で15分ほどの距離にあるので、撮影場所としてはホームグラウンド。直球勝負なら川原湯橋の上から大憤湯側を、もしくは、渓谷の下に降りて橋を入れたアングルでの撮影ではないかと思います。けれども、私は大憤湯とは反対側の景色が特に好きで、紅葉でも春紅葉でもお気に入りの写真はほとんどが裏小安渓谷なのです。

春紅葉は終わってしまいましたが、今は緑がとても綺麗な時期なので撮影にもおすすめです。

c0176838_22422548.jpg
こちらは皆瀬ダムです。遠くに見える山には雪がまだ残っていますが、つい2日程前には山間部で雪が降ったそうです。その日は小安温泉でも寒くて暖房を入れたのですが、5月も中半だというのにこの寒さはちょっと珍しいかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-16 22:47 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_0265448.jpg
天然のタラの芽です。山菜の中でもワラビと肩を並べるほど人気があるのでお客様にも喜ばれています。ホイル焼きなどでも美味しく頂けますが、やはり天ぷらで食べるのが一番美味しいですね。ホクホクとした食感と春の香り。それだけでもう幸せになれます。

山を歩いていてタラノキを見かけるとよく写真を撮っていますが、まだ小さかったり形や色合いがいまいちだったりでなかなか納得できるものが撮れません。この写真は今のところ今年の「ベスト・タラの芽」かな、と思っている一枚です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-15 00:37 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_16142529.jpg
国道398号線、秋田県と宮城県の県境付近にあるブナの原生林です。こんな山の奥の奥ですが歴とした国道です。毎年、雪が降ると冬期閉鎖になりますので、通行可能なのは4月下旬~11月の上旬迄となっています。

現在は秋田県側から県境付近までは通行可能ですので、途中にある栗駒神水には行くことが出来ます。今年の秋には栗原市への通行が可能となる見込みですので、もうしばらくの辛抱ですね。

このあたりでニホンカモシカは何度か見たことがあります。意外と人や車を怖がらずに道路の側を歩いていたりします。いつか写真に納めたいと思ってはいますがそうタイミング良く現れてはくれませんね。

つい先日、うちの父が桂沢にある田んぼでニホンカモシカを見たそうです。写真を撮ってやろう、なんて欲を出しているとなかなか出会えないものなんでしょうか。

c0176838_16174997.jpg
板井沢にて。県境のあたりも緑が濃くなってきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-12 16:19 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_2372687.jpg
左)ワラビ
右)姫竹(ネマガリダケ)

ワラビが出てくると山菜のシーズンも本番を迎えます。地元のおじいちゃんやおばあちゃんは、どこに行けば何があるか知っていて、遊歩道なんていう気の利いたものは無い山の斜面を数十キロの山菜を背負って歩きます。30代の私ですが真似をするのは到底無理です。。

体力もさることながら、危険を冒してまでは採ろうとせず、無駄に沢山も採りません。地元の山だからこそ愛情を持って、来年や再来年の事のことも考えてきちんと残すところは残してきます。おじいちゃんの世代には当たり前のことなのかもしれませんが、ぜひとも見習いたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-11 23:15 | 雑記 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_0545137.jpg
この写真はお隣の東成瀬村にある「赤滝」で撮影したものです。滝の岩肌が酸化鉄のため赤いことから赤滝と呼ばれています。滝の近くに小さなお社があるのですが、戦前は「雨乞いの滝」として参拝に来る人が絶えなかったそうです。

夏の渇水時などでは緩やかに水が落ちているそうですが、今の時期は雪解け水で水量が多いため迫力がありました。本当はもう少し近づいて滝のほぼ正面から撮ってみたかったのですが、川の流れが速く、転んで流されると危険なのでやめておきました。

c0176838_0583363.jpg
こちらは滝の上から。水の勢いが凄いのでけっこう怖かったです。足を滑らせて落ちたら怪我程度では済まないかもしれません。。かなり迫力のある景色が楽しめると思うので撮影にもオススメの場所なのですが、お出かけの際にはくれぐれもご注意下さい。

5月10日現在、仁郷大湯線(旧栗駒道路)が冬期閉鎖中のため、小安温泉~赤滝(東成瀬村)~栗駒山荘へは増田を経由するルート(国道342号線)しかありません。距離にして約70キロ、所要時間は1時間ほどかかります。

※5月22日(金)には仁郷大湯線の冬期閉鎖が解除になりますので、小安温泉からは国道398号線~県道282号線で約17キロ、30分ほどで栗駒山荘に到着します。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-05-10 01:17 | 自然 | Comments(0)
晴耕雨読
c0176838_06272.jpg
タンポポの綿毛。こうして見るとフワフワですね。

c0176838_045381.jpg
女滝沢林道の緑も綺麗になってきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ
by m_kurabu | 2009-04-30 00:44 | 雑記 | Comments(0)

Copyright (C) 2000-2010 MOTOYU KURABU. All Rights Reserved.
Designed by unfake Web Design Office.